JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

JMIU磐田地域支部、静岡で結成

11月18日(土)静岡県磐田地域で、JMIU静岡磐田地域支部(後藤桂一執行委員長)が結成されました。静岡県内では静岡西部地域支部につづいて2番目の地域支部結成となります。磐田市はサッカーのジュビロ磐田で全国的に知られた都市で人口は171千人。

ヤマハ、スズキ、ホンダなど大企業とその下請けが集中し、外国人労働者も浜松に次いで2番目に多い街ですが労働組合は空白に近い地域、どうしても労働相談の受け皿が必要と学習会を重ね支部結成に至りました。これからは天竜川の東の磐田、袋井、御前崎などの労働相談は磐田地域紙部が受け持つことになります。

磐田市内で開かれた結成大会で利根川貞夫副委員長は、未組織労働者の組織化、労働相談の定期的開催などの運動方針を提案、労働災害の多発や就業規則さえ守られていない実態、社会保険未加入のまま3K職場で働かされている外国人労働者の現状も紹介し、1人でも多い支部加入を訴えました。

(激励先 磐田市見付 1525-1 TEL 0538-34-3510 FAX 0538-34-3740)


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)