JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

日亜化学で偽装請負の派遣1600人を直接雇用!

正社員への道を開く! JMIUの快挙!

11月10日、偽装請負問題でJMIU徳島地域支部ならびに同シーツービーテック分会から直接雇用責任を追及されていた「日亜化学工業」でついに同社工場で働く偽装請負労働者・約1600人がほぼ全員、勤続年数3年を超えた順に契約社員としての直接雇用される、という画期的な内容がかちとられました。

この間各地で実現された偽装請負の直接雇用では、規模において最大のものです。

他の偽装請負ではたらく派遣労働者の権利を改善していく上で今回の前進は大きな展望を切り開くものです。

詳しくは声明をご覧ください

JMIU徳島地方本部より、関西テレビニュースでの動画配信


朝日新聞記事 11/11より

日亜化学、請負1600人を雇用へ 正社員の道も
2006年11月11日06時12分

 徳島県阿南市に本社のある国内最大の発光ダイオード
(LED)メーカー「日亜化学工業」(小川英治社長)
は10日、同社工場で働く請負労働者約1600人ほぼ
全員について、勤続年数3年を超えた人から順次契約社
員として直接雇用する方針を決めた。徳島労働局は昨年、
同社での請負労働は実態は派遣労働で労働者派遣法違反
の「偽装請負」にあたるとして、是正を指導していた。
同様に偽装請負を指摘され、直接雇用に踏み切る企業が
相次いでいるが、日亜は人数で最大規模となりそうだ。

 請負労働者の一部が加入する全日本金属情報機器労組
(JMIU)と同社が10日、徳島県の立ち会いのもと
で合意した。日亜側は合意についてコメントしていない
が、違法の疑いのある労働実態解消のため決断したとみ
られる。

 JMIU側が明らかにした合意内容によると、同社は
12月1日時点で勤続3年に達している約200人を同
日付で雇用し、それ以外の人も3年に達した時点で切り
替える。採用選考では面接や筆記試験も実施するが、
「勤続経験を最も重視する」ことを約束したといい、労
組側は「ほぼ全員が自動的に直接雇用される」と受け止
めている。

 契約は1年ごとの更新で最長3年だが、日亜は正社員
採用の機会も保証。「中途入社」の社内規定に基づき半
年ごとに適性を判断するという。

 同社の約1600人の請負労働者は、いずれも同県内
の人材派遣会社と契約。派遣会社が日亜と請負契約を結
び、阿南市内の工場で携帯電話の液晶表示バックライト
などの製造に従事していた。このうち19人が10月、
不安定な労働条件のまま同社工場での勤務が長期間にわ
たっているなどとして直接雇用を同社に申し入れ、徳島
労働局にも是正指導を要請。同局が再調査を進めていた。

 労働者、日亜双方から事情を聴いた同県商工労働部が、
10日の協議を設定。早期の問題解決を望んだ日亜側が
歩み寄り、合意に至ったという。

 JMIUは「3年が必要という問題はあるが、就業期
間を最重視して直接雇用の道をつくり、正社員への道も
開く大きな前進。労働者に将来の展望を与えるもの」な
どとする声明を出した。

 日亜化学工業は1956年創業。現在、資本金165
億円、グループ内の従業員約4000人。海外にも拠点
を持ち、近年は年間2000億円前後の売上高を計上し
ている。青色LEDの発明をめぐる元研究員の中村修二
氏との裁判が注目された。

赤旗記事 11/11

日亜が「偽装」是正
請負1600人 直接雇用
労使合意 労働者の申告実る

 発光ダイオード(LED)の開発で知られる日亜化学
工業株式会社(徳島県阿南市)は十日、同社で働く請負
労働者約千六百人全員を十二月一日から、直接雇用して
いくことを明らかにしました。同日、県のあっせんによ
る同社と全日本金属情報機器労働組合(JMIU)との
労使協議で合意しました。

 合意内容は、三年以上働いてきた請負労働者にたいし、
経験重視の採用選考をおこない、十二月一日付で契約社
員として直接雇用するというもの。期間は、一年契約で
最長三年とし、その間に適性をみて正社員への道を開き、
賃金について現状を下回らないこと、三年に達した請負
労働者については今後も、同じ扱いをすることで合意し
ました。また日亜化学は、請負労働者の雇用と労働条件
の改善について配慮することを約束しました。

 日亜化学の偽装請負が発覚したのは先月十日、JMI
U徳島地域支部加盟の青年労働者(33)が、徳島労働
局に申告したことがきっかけでした。申告した労働者ら
は、シーツービーテック(CTB)株式会社から日亜化
学に一年を超え派遣され、業務の指揮・命令を日亜化学
社員から受け、社員と一体となって働いてきました。

 派遣法は、派遣労働者の受け入れ期間が一年を超えた
場合、受け入れ先の企業に直接雇用の申し入れ義務を課
しています。「これは『偽装請負』だ」として日亜化学
への直接雇用の指導を求めていました。

 JMIUはこの合意について「日亜化学の請負労働者
全員に直接雇用の道をつくり、正社員への道も開いたも
のだ。労働者の将来に展望を与えるもの。直接雇用にな
るまでの請負労働者の雇用の安定と労働条件改善につい
ても、日亜化学としての努力を表明したことも極めて重
要である」との声明を出しました。

JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)