JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

こうやって解決―労働相談事例シリーズ@

毎朝の出勤闘争―地域の幅広い支援で

全国各地で広く実施されているJMIUの未組織労働者むけ宣伝。賃金遅配や未払い、解雇などさまざまな労働相談が寄せられ、相談者がJMIUに加入しともにたたかうなかで、その多くが解決されています。東京北部地域支部での事例を中心にシリーズで紹介します。

【相談内容】

大手印刷会社の製品の検査を専門におこなうM社(従業員約60人)は、突然の受注ストップにより経営困難になり、「2ヵ月後の廃業・解雇」を従業員に通告してきました。26才のMさんが、JMIU組合員の紹介で労働相談にみえました。就業規則も従業員に配られていないため、退職金もいくらか分からないので明らかにしたい、少しでも上積みができれば、という相談内容でした。

【活動と解決】

Mさんは、JMIUに加入し、北部地域支部M分会を結成し一人でたたかいに立ち上がりました。会社の圧力もあり、他の従業員の参加はありませんでした。

会社は、退職金支給規定も公表しないため、従業員は退職金がいくら出るのかもわからない状況でした。また、ほんとうに全員解雇する「廃業」の路しかないのか、規模を縮小しても存続できないのか、組合がないためまったく経営実態が不明でした。

社長は3名もの弁護士を雇い、不誠実な団交や団交拒否をくりかえし、予定の「廃業」を強行しましたが、この間のJMIUとの団体交渉で決算報告や「退職金支給規定」を出させ、従業員に1カ月分の解雇予告手当てに相当する上積みを実現しました。

Mさんは、解雇の翌日から出勤闘争(毎朝、出勤時刻に会社に行き、働く意思のあることを示す行動)を開始し、JMIU組合員・地区労・地域の支援者・青年の仲間たちの幅ひろい支援を受けて、3ヵ月間たたかいました。

地方労働委員会のあっせんにより、「和解協定書」に調印し、M社の実質的謝罪と解決金の支払いで筋を通した解決ができました。(つづく)

金属労働新聞 【2005年10月20日付1面】

JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)