JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

やめろ!消費税10% ―― JMIUが中央行


Photo
消費税10%阻止などかかげ国会デモ(10月1日)
 2014年秋闘の回答指定日を翌日に迎えた10月1日、JMIUの秋季年末闘争勝利に向かう中央行動がおこなわれました。
 行動には全国から150人以上が参加。朝からの金属反合共同行動と並行し午前中は厚生労働省、経済産業省と交渉。午後、臨時国会が開会したばかりの国会に向けデモ行進。参議院議員会館で決起集会をおこないました。
 国会デモでは、消費税増税10%の中止、派遣法改悪・解雇自由化阻止、集団的自衛権行使反対、米軍普天間基地建設反対などアピールしました。
 決起集会で生熊委員長は「政治の課題と正面から向き合う秋年末闘争になっている」とし、とくに派遣法・有期労働法制など労働法制の改悪を許さず、沖縄県知事選で勝利することの重要性を訴えました。
 日立建機ティエラ支部、京滋地本が秋闘のとりくみを報告。日本IBM支部が10・16大集会の成功へ、各職場からの参加を訴え、三木書記長が行動提起。行動提起では、秋闘で各支部が「これだけは」の重点要求を明確にし、かならず前進をかちとること、そのために初回の回答に終わらせず前進回答めざし再度団体交渉を設定すること、秋闘のなかで組織建設の前進をとよびかけました。
 集会には日本共産党から倉林明子参議院議員がかけつけ、国会情勢の報告がありました。沖縄県知事選カンパのよびかけに、7万円が寄せられました。


外形標準課税は導入するな―経済産業省に要請

 10・1中央行動にむけ各職場で集められた、「消費税増税ストップ! 中小企業と地域経済の再生をめざす署名」(経済産業大臣宛)は、経済産業省(中小企業庁)交渉で提出されました。
 短期間に1769筆と東京、神奈川、長野の5社から団体署名が託されました。
 交渉では「消費税8%と円安による原材料値上がりで中小はたいへんな状況。この上10%になり、外形標準課税までかぶさったら経営がなりたたない」などの経営者の声も紹介し、中小企業と日本のものづくりをまもる、強い立場で立ち向かってもらいたいと要請しました。
Photo
外形標準課税やめよと経済産業省交渉(10月1日)



JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)