JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

「賃上げで景気回復を」−JMIU春闘臨時全国大会ひらく


Photo
春闘で大幅賃上げを―臨時大会(1月24日 東京都内)

 「すべての職場、すべての仲間の賃上げで景気回復を」「消費増税に見合う大幅賃上げを」――。いよいよ2014年春闘本番。JMIUは1月25日、第51回臨時全国大会を東京都内で開き、春闘に向かう本格的なたたかいをスタートさせました。
 生熊委員長はあいさつで、「財界は『ベア論外』から『容認』となったが、なまやさしくない。中小は依然厳しい」と指摘。「『うちはダメ』のあきらめを突破し、『賃上げしなければ景気もよくならない』の圧倒的世論をつくり春闘をたたかおう」とよびかけました。
 「工業団地などで宣伝。『仕事・くらし交流会』も地域の仲間と共同して開く。職場では今年こそベースアップをとの声が強い」(東京西部)、「役員を先頭に春闘チャレンジャーに応募。景品も用意し、アンケート・対話をひろげている」(東京南部)、「テレビは追い風というが、消費税は企業にとっても逆風。春闘パンフ読み合わせを徹底し構えをつくる。過去最高での3・1集会参加とリレーストの成功がカギ」(兵庫)、「職場ごとのほか、今年は青年部が3班に分かれ、じっくり要求討議」(京滋・カシフジ)、「春闘ではじめて青年部団交を構える」(大阪・日立建機ティエラ)など、活発な討論がおこなわれました。
 大黒全労連議長が激励あいさつ。大幅賃上げなど対経営者要求、労働法制改悪阻止、消費税増税中止、秘密保護法廃止など4本のスト権投票をおこない、全員一致でスト権を確立。闘争宣言を採択しました。
 大会では賃上げ要求基準として「3万円+是正」を決定。2月20日(木)、全国いっせいに要求を提出します。回答指定日は3月5日(水)。回答翌日の6日(木)と春闘共闘統一行動日の13日(木)には、統一ストを中心とした行動を展開します。

>>2014年春闘・闘争宣言(PDF)

青年春闘で大幅賃上げを―青年部が春闘交流集会

 「青年春闘」で2014年春闘勝利をと、JMIU青年部の春闘交流集会が1月26日、東京・大崎でおこなわれ、全国から30人が参加しました。
 「今年も年齢逆比例で青年に厚く配分してもらうことになった」(東京・大東工業)、「何が何でも賃上げ。ストライキも辞さない」(東京・リオン)、「春闘で初めて青年部団交」(大阪・日立建機ティエラ)など、各職場のとりくみを報告。川口中央副委員長を講師に、「春闘とは何か」を学びました。
 終了後は、場所を替えて交流を深めました。


Photo
青年交流会(1月25日 東京都内)


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)