JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

紙切れ1枚で首切られてたまるか ―― 日本IBM12・4大集会800人


 「私はIBMでno.1を自負してきた。私が『無能』なら、みな『無能』になってしまう」「サービスを売る会社が、サービスを扱う人間を切る。業績が上がるはずがない」「解雇されて1年余。大きな勇気をもらった」…。
 12月4日、東京・日本教育会館大ホールで開かれた日本IBMのロックアウト解雇を許さない大集会(支援全国連絡会結成総会)は、800人の参加で成功しました。解雇争議をたたかう原告組合員は、日本IBMへの怒りをあらたにするとともに、支援の輪のひろがりに勇気をもらいました。
 集会は、大黒作治全労連議長、伊藤潤一東京地評議長ら12氏のよびかけで開かれました。
 冒頭、伊藤東京地評議長が全国支援連の結成を宣言し「日本IBMの乱暴な解雇攻撃は、すべての労働者にかけられた攻撃」と指摘。大黒全労連議長が「どこでも、だれでも解雇できる仕組みづくり。日本IBMはその先導役である。労働組合の存在価値が問われるたたかい。勝つまでたたかいぬこう」とよびかけました。
 集会では生熊茂実JMIU委員長がたたかいを報告。IBM支部と原告が寸劇で、争議に立ち向かう原告家族と支部のたたかいを演じました。「僕は大人になったら、お父さんのように、勇気ある人になりたい」との家族の作文の朗読に、拍手がわきおこりました。
 大岡義久支部委員長は「私は人間を犯罪者のように扱うロックアウト解雇を許せない。紙切れ一枚で首きられてたまるか」と決意を表明しました。
 日本IBMは恒常的なPIP(業務改善プログラム)「面談」で労働者を精神的に追い込み、2008年には執拗に退職を強要し1300人の大リストラを強行。今回は退職強要を飛び越えた問答無用の解雇(ロックアウト解雇)です。
 昨年7月〜今年6月にかけ「自主退職」を拒否した組合員26人を解雇。7月以降は組合員の解雇を許していませんが、この間には数百人の労働者が退職に追い込まれています。


Photo
日本IBM12・4大集会(日本教育会館) 許すな!日本IBMのロックアウト解雇 12・4大集会


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)