JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

青年部が総会 翌日は風雨の中青年大集会


 全国青年部は、10月19日(土)、東京都・南部労政会館で、第3回定期全国総会を開催しました。38人の参加で、2014年度の運動方針を確立し新役員を選出しました。
 討論の中では、色々な運動や支部役員も担う青年の状況が話されました。また、学習会として、消費税やTPP、原発などを題材にクイズ大会。班毎に相談して、答えを出しあいました。
 優勝した班には、ささやかな商品が送られました。定期総会後は、17人の参加で交流会がおこなわれました。
 翌20は、全国青年大集会が明治公園で開かれ、前日からの参加者のほか約40人が参加しました。当日は、あいにく朝から激しい風雨。テントがないなかでしたが、午前中には首都圏青年ユニオンと合同で「ブラック企業」の分科会を開催しました。傘をさし、寒いなかでしたが150人が報告に聞き入りました。
 JMIUからはナノテック支部が、監視カメラによる労働者監視と不誠実団交とのたたかい、日本IBM支部がロックアウト解雇とのたたかいを報告。まともな労働組合に加入したたかう大切さが強調されました。
 首都圏青年ユニオンからはSHOP99での名ばかり店長・長時間サービス残業問題でのたたかいが報告されました。
 分科会には、ブラック企業根絶をかかげ、先の参院選東京選挙区で当選した日本共産党の吉良佳子議員がかけつけ連帯あいさつしました。
 午後からの全体集会は、雨の影響はありましたが全国から1500人が参加。「もう黙ってはいられない」と思いを一つにしました。


Photo Photo Photo
クイズでミニ学習も。青年部が定期総会 青年大集会 青年大集会


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)