JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

ついに実現 43人全員正社員に ―徳島・光洋シーリングテクノ

Photo
8年ごし43人全員正社員に(光洋シーリングテクノ)

徳島・光洋シーリングテクノ関連支部で、契約社員だった2人の組合員が、9月21日付で正社員として採用され、組合員43人全員が正社員となりました。
 2004年夏、「このままでは若者が腐ってしまう」と、矢部前代表らがJMIUに加入し仲間を組織。労働局への偽装請負是正申告や、シーリングテクノへの直接雇用・正社員化を要求したたかってまる8年。ついに全員の正社員化を実現しました。
 この間、徳島地本や正社員の支部、徳島県労連はじめ地元の支援、さらには現地集会などJMIUの全国的な連帯と激励の行動が展開されました。
 2006年夏には「偽装請負」問題がマスコミで大きく報じられ、社会問題化。同年8月24日にJMIUと会社の間で、「直接雇用と正社員登用」についての合意がはから、正社員化への道が開かれました。 合意の実行へ、産別団交やストライキを含む全員参加のねばり強い職場闘争が続けられました。
 黒坂和也光洋シーリング関連支部代表(31歳)は、「長かったような、短かったような8年。何もしなければ、自分だって、いまはなかった。たたかってよかった」といいます。
 支部は、矢部さんの解雇撤回、品質問題など残された問題の解決へ、引き続きがんばっています。



JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)