JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

「本気で賃上げ」 ―JMIUが春闘臨時大会

Photo
すべての仲間の賃上げなど「本気で春闘再生」へ臨時全国大会

2012年春闘本番。JMIUは「本気で賃上げ」「本気で組織建設」「本気で二方面のたたかい」をと、1月28日、東京都内で第47回臨時全国大会を開きました。
 あいさつした生熊委員長は、「春闘パンフ」をくり返し学び合っている経験やアンケートのとりくみなど「本気の春闘が開始されている」経験、「定昇も凍結」との経団連報告、消費税・TPPなど野田内閣の暴走にふれ「『本気で賃上げ』、同時に悪政を許さないたたかいを」とよびかけました。
 討論では「目標をこえたところからアンケートの『声』欄への記入があり、組合員以外からも『一言メッセージ』が寄せられた」(東京南部・三英社)、「若返った支部執行部のもと8年ぶりに要求を出す」(千葉)、「ストライキにいかに挑戦するのか、真剣な議論をはじめている」(兵庫)、「7〜8年ぶりにリレーストを構える」(愛知)、「消費税・TPP問題など機関紙で大いにとりあげ、学習と討論を展開したい」(東京・超音波工業)など、各地の経験が報告されました。
 大会では、「成果主義が導入されたもとでの賃上げのたたかい」、「中小企業と地域経済の再生めざす署名」はじめ春闘補強方針、闘争宣言など採択しました。


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)