JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

なくせ原発 ―福島大集会に1万人

Photo
東京地本の仲間(福島 10月30日)

10月30日、福島市・四季の里において「なくせ原発、福島大集会」がおこなわれました。「放射能から子どもたちをまもろう」「東電と国は全面賠償を」「原発をなくそう」の思いを一つに、全国四十七都道府県から一万人が参加しました。

 原発事故はいまだに収束せず見通しも立っていません。一日も早く当たり前の生活に戻してもらいたい、安心して住み続けられる福島をつくろう、の願いを強く感じました。
 「友達と外で遊びたい」「プールにも入りたかった」「幼稚園の遊具で遊びたい」「外でかくれんぼをしたい」…。親といっしょに舞台から訴える子どもたちの言葉が胸に響きました。
 国や自治体の対応の遅れから疲れや絶望感を覚えている親たちが大勢いるそうです。しかし、放射線から子どもたちをまもれるよう、安全・安心して暮らせるよう、署名などのとりくみを前進させていると報告がありました。
 「福島の未来は子どもたちにかかっている。子どもたちの未来は私たちにかかっている」という言葉が印象的でした。
 原発と人類は共存できないことが明らかになったいま、私たちにできることは何か。パレードで、秋の終わりにけなげに咲く一面のコスモスを見ながら「原発をなくそう」の思いを強くしました。
 集会には首都圏を中心に、JMIUから約70人が参加しました。


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)