JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

 たくさんの願い集め、広島〜長崎を歩き終えて

Photo
医療労働者の若い女性とともに。左端が五十嵐さん
(7月18日 北九州・小倉)

2009年の北海道―東京、2010年東京―広島に続き、今年、広島―長崎を通し行進しました。
 7月4日、雨のなかの広島・平和記念公園を出発。瀬戸内海にそって、基地の街岩国、原発建設がすすめられている上岡町、県都山口市から日本海側の萩市、長門を通過し下関から福岡・門司へ。福岡ではJMIU福岡地本の雪竹委員長はじめ組合員がのぼりを持って参加。JMIUの旗をつなぎました。
 今年は福島原発事故、九州電力による「やらせメール事件」が起こっているなかでの平和行進。福岡では九州電力に抗議し、アメリカ領事館には「核兵器全面禁止条約締結を」と要請しました。
 佐賀県では学徒動員で長崎の軍需工場に動員され原爆の被害にあい亡くなった生徒の原爆殉難者之碑が、佐賀商業と伊万里商業にあることが最近分かり、行進団として初めて献花することができました。
 長崎では、大村湾沿いを歩いて終結点である長崎市の原爆中心碑がある松山公園へ。
 被爆地長崎での行進は、福島原発事故による放射能被害と原爆の被災が重なるなか、「安全神話」が崩れ、各自治体首長のあいさつでも原発への不安が語られました。
 福岡では、民医連加盟の看護師など大勢の若い女性職員がともに先頭を歩いてくれました。署名を届けてくれる人、カンパを手渡す人、ダンボール一杯の果物を差し入れてくれる人、畑仕事の手を休め合掌するお年寄りなどなど、核兵器廃絶、原発ゼロへのたくさんの方々の願いを集めながらの行進になりました。(2011年国民平和行進、広島〜長崎コース通し行進者・五十嵐成臣)


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)