JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

賃金カット提案に不安
若者中心にJMIU支部結成
千葉・ソーラーシリコンテクノロジー

Photo
若者中心に新支部結成 千葉・ソーラーシリコンテクノロジー

 5月30日、木更津市民会館において、ソーラーシリコンテクノロジー支部の結成大会が開かれました。大会には、激励にかけつけたJMIUの三木中央書記長をはじめ、千葉地本の仲間や地域労連の仲間を含め40人を超える参加で成功しました。
 太陽光関連事業を手がけるソーラーシリコンテクノロジーの職場では、一部職制によるパワハラの日常化、労災かくしや残業代の未払い、業績悪化を理由にした賃金カットが通告されるなか、労働者の中に雇用不安と生活不安が広がり、勇気ある若者が中心になりJMIUに加盟、支部結成にいたったものです。
 結成翌31日朝には、会社にたいして労働組合の結成通知をおこない、認められました。
 組合側からは中央・地本の役員、当該支部執行委員9人が参加。会社側は代表はじめ各役員が対応しました。
 就業後、会社食堂にて40人を越える仲間が参加し、組合結成通知の報告集会が開かれました。報告会ではみんなで作り上げた組合の誕生を、互いに感動をもって確認。明るく働きやすい職場をつくるために、みんなで力を合わせようと決意を固めあいました。結成後も加入が続き、現在36人となっています。


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)