JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

定昇の一方的停止は不当
三和機材裁判 千葉地裁が定昇支払いを命令

 3月19日、JMIU三和機材支部が五年間の定昇停止・一時金未実施は不当としてその支払を求めていた事件で、千葉地裁が、定昇をした場合の等級・号俸の地位にあることを認め、5年分の定期昇給停止分の未払い賃金支払いとさらに不誠実団交は不法行為であるとして労働組合への損害賠償の支払いを命じました。
 一時金については一般的な請求権はあるとしたものの金額等が定まっておらず具体的な請求権を認めませんでした。
 この判決では定昇停止は会社の裁量によるものとすることは相当でなく、…篁澆良要性、⊂叉訥篁澆瞭睛董⊇抄醗の不利益の度合い、O働組合との交渉経過などを考慮すべきとし、三和機材の場合は、停止の期間、業績は赤字であったが資産は健全であった、労働組合への説明が不十分などの理由をあげて定昇停止は相当でないと判断しました。
 春闘で、安易な「定期昇給」停止攻撃が相ついでいるなかで、全国の仲間を励ます判決です。


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)