JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

派遣法改正 抜け穴許さない
JMIU中央行動

Photo
なくせ貧困、雇用とくらしを守れと中央行動(2月12日 日比谷野音)

 派遣法抜本改正や貧困根絶などかかげる中央行動が2月12日、日比谷野外音楽堂周辺で開かれ7000人が参加。主催は全労連など実行委員会。JMIUはこの日、中央行動をおこない、国会議員、民主党本部、厚生労働省、経済産業省への要請行動をおこないました。行動には全国から100人以上が参加しました。

 抜本的改正はかれ 厚生労働委員など国会要請

 2010年春闘最初の中央行動。JMIUは派遣法「改正」の政府案が、抜け穴だらけで重大な改悪部分を含んだまま法案になろうとしているもと、その抜本改正を求め、衆参の厚生労働委員を中心に100人以上の議員への要請行動をおこないました。
 派遣法改正案は3月初旬にも国会提出されようとしていますが、その内容は「事前面接解禁」や「専門」26業務を登録型派遣の例外として認めていることなど、旧自公案の改悪部分を引き継ぎ、かつ製造派遣も登録型派遣も「原則禁止」どころか「原則容認」となる代物。
 要請行動では、「登録型派券や製造派遣は例外を設けずただちに禁止し、正社員化促進を」など要請。参加者からは「厚生労働委員であるのに民主党の秘書は何も知らず、自民党の秘書は聞く耳持たずといった対応。要請行動や署名をつよめる必要がある」との感想が出されました。
 経済産業省への要請では、下請中小企業振興のための法的規制、大企業による一方的な単価切り下げにたいする是正指導の強化など求めました。議員要請行動前の院内集会には日本共産党から大門参議院議員が激励にかけつけました。

 前政権の遺物のこすな 生熊委員長ら民主党に要請

 中央行動では派遣法の抜本改正を求め、民主党本部に要請。国会内で青木愛副幹事長が対応しました。要請には生熊委員長、川口副委員長らが参加。生熊委員長が事前面接解禁や二十六業務の三年期限撤廃など厚労省案の問題点を指摘。「前政権の遺物を残さず、登録型派遣派・製造派遣禁止の厳格化を」と強く要請しました。
 要請には、26業務違反などの違法派遣のすえ解雇された土屋理美さんら日産、いすゞの代表も参加。「正社員と同じに、それ以上の仕事をしてきてもずっと派遣や期間工。しかも簡単に解雇される。正社員化にしっかりと道を開く法律にして」と訴えました。
 青木副幹事長はメモをとり話を聞いてくれましたが、要請にたいしては「しっかり受け止めてまいります」と答えるにとどまりました。


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)