JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

文化シャッター秋田支部
 雇用と職場まもる 全員一致 JMIU加盟

Photo
全員一致でJMIUに加盟した文化シャッター秋田の仲間

 産別未加盟で活動していた文化シャッター労働組合連合会の秋田支部(佐々木委員長・14人)が、12月18日の臨時大会において、全員一致でJMIU加盟を決めました。
 文化シャッターは無借金経営にもかかわらず、「売り上げ減」を口実に、名古屋工場の閉鎖や「早期退職者」の募集など、「合理化」攻撃をつよめています。
 秋田工場(従業員22人、協力会社含め労働者50人)でも「生産体制の再編」が提案されたことなどから、雇用と職場をまもるためには、たよりになる上部団体=産別加盟が必要と、名古屋支部に続いてJMIUに加盟したものです。
 1月14日には中央本部の役員も参加し、会社(秋田工場)に加盟の通告と「雇用と職場をまもる」決意を伝えました。


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)