JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

生活守り、将来展望示せ
―2009年春闘へ金属労働者 全国で3500人集う



 2月28日、3月1日、金属労働者のつどいが東京(東日本)、名古屋(東海)、京都(西日本)で開かれ、全国で約3500人が参加しました。「つどい」は、「力を合わせ、春闘を元気にたたかおう」と、2009年春闘をともにたたかう金属労組懇談会が主催したもの。デモ行進では沿道の市民にもチラシを配布。「すべての仲間の賃上げ、雇用安定で景気回復を」とよびかけました。JMIUは3月4日の春闘回答を受け、5日には全国で統一ストライキに突入しました。

東日本集会
エイサー隊を先頭に元気よくデモ行進
 東京・明治公園で開かれた東日本集会には、北関東、首都圏、長野各県から2000人が参加。生熊実行委員長(JMIU委員長)は、「賃上げ要求をあきらめたら雇用も守れない。あきらめずに最後までたたかおう」とよびかけ、全労連・大黒議長、西日本実行委員会を代表し、瀧田ダイハツディゼル労組委員長が激励・連帯あいさつしました。
 集会での決意表明では、「期間工・派遣切り」とたたかういすゞ自動車の松本委員長が「私たちの要求は雇用と生活の安定。全国の仲間と力を合わせがんばりぬく」、荏原製作所合同労組、造船の仲間がそれぞれ「厳しい状況があるが、労働者の連帯、団結ではね返していこう」と決意表明しました。
 会場から表参道、原宿を通ってのデモ行進。荏原製作エイサアー隊の太鼓と踊りにチンドンヤの演奏、世直しむしろ旗やプラカード、「派遣切りをやめろ」「ため込み利益をはきだせ」ののぼり旗など、にぎやかで元気ある行進は、飛び入りで行進する人、カメラを向ける人など沿道の注目を集めました。

東海集会
外国人労働者もデモ行進
 名古屋教育会館で開かれた東海集会は、愛労連、重工労組、きずな、JAM傘下組合も含め230人が参加。派遣・非正規切りとたたかい、雇用を守り賃上げ要求を実現しようと決意を固めあいました。
 主催・来賓あいさつでは内需拡大への転換を求める世論の広がりや相つぐ組合結成、「雇用も賃上げも」の力強い訴えがありました。
 仲間たちの報告では、2人の青年が連合を脱退しJMIUに加入した富士工器、アンケート活動など積極的に春闘をたたかう河合連合支部、「派遣切り」とたたかう岐阜、愛知、静岡、三重から外国人労働者が参加。昨年秋にJMIU垂井分会を結成し、岐阜・大垣地方で「派遣切り」とたたかう原仲分会長が、大企業の横暴を告発。解雇を止めさせ、生活保障をと訴えました。
 ホンダ・鈴鹿で「期間工切り」とたたかう鈴鹿分会の吉川さんは、2カ月の短期雇用をくり返したあげく全員解雇したホンダのやり方を厳しく告発。「連合・ホンダの組合は『雇用も賃上げも』というが、期間工の解雇問題には一言も触れていない」と批判。支援を訴えました。
 歩道が人であふれる繁華街・栄のパレードは、沿道から注目され、のぼりやプラカードを見入る若者の姿も。
 「みんなが他人の苦しみを自分のことのように受けとめ、連帯している。元気が出た」「労働組合ががんばっていることをアピールでき良かった」など、それぞれが元気をもらった集会になりました。

西日本集会
 西日本集会は一日、東本願寺・大谷ホールに九州・中国・四国・兵庫・大阪・京滋の仲間が千人以上の参加で開かれました。
 京都うたごえ協議会の仲間による勇壮な太鼓・ロックンロール「そーらん」で開幕。瀧田実行委員長、生熊JMIU委員長のあいさつに続き、脇田龍谷大学教授が、労働者派遣法と雇用、将来展望をテーマに講演しました。
 光洋シーリングテクノやシャープ福山、ビクターフターサービスなど非正規切りとたたかう労働者が次つぎに報告。デンソーの下請け会社で働く五人の女性パート労働者は「人をモノ扱いする会社を許せない。裁判をしてもたたかう」と、決意をのべました。
 集会後、ちんどん屋を先頭にデモ行進。観光客や買い物客でにぎあう四条通りで「すべての仲間の賃上げ・大企業は責任を果たせ」と子供たちに風船を手渡しながら訴えました。高島屋前ではデモを迎える定点宣伝。金属懇談会作成のビラを配付しながらの市民への訴え。普段はビラの受け取りがあまりよくない場所ですが、この日は多くの人が受け取りました。「派遣切り」にたいする市民の関心の高さを感じました。(「金属労働新聞」2009年3月10日付)


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)