JMIUトップページへジャンプ活動紹介へ戻る

シャープ福山 派遣切り許さない
青年ら組合を結成したたかう




 「シャープが派遣契約を解除してきたので、あなたを解雇します」。
 11月中旬にキャリアシップ(派遣会社)の担当者から、12月15日付での解雇を通告された女性二人が、疑問を感じ地域労連に相談。相談員らの激励や援助を受けて仲間にもよびかけ、昨年12月25日、30人で労働組合を結成。「シャープとたたかうには産別労組が必要」と、JMIUにも加盟しました。
 1月7日、派遣元である(株)キャリアシップとの団交で、.轡磧璽廚療垤腓砲茲詛標契約途中の解雇であること。雇用期間途中の不当な解雇であること。11月12日にシャープから契約破棄通告を受け翌13日に「解雇通知」をおこなうなど、解雇回避努力をまったくおこなっていないきわめて悪質な解雇であること。などが明らかになっています。
 この団交には10人の組合員も出席。「一人30分かけ、ていねいに解雇理由を説明。解雇の承諾をもらったとの報告を受けている」とうそぶく会社側にたいし、「解雇の説明をしたというが、失業保険を早くもらいたかったらサインしろと迫っただけ」「再就職先を提示するといったがその後何もない」「労災申請中で返事がまだないのに解雇された。許せない」と厳しく問い詰めるなど、元気いっぱいがんばっています。現在組合員は35五人になっています。
 1月29日(木)には、福山地域労連やJMIUによる激励集会(福山なびの館ローズコム・午後6時30分〜)が開かれます。
 全国から激励、抗議FAXをお願いします。

 <激励先>福山シャープ関連労働組合(福山地域労働組合連絡会気付)
  住所:福山市多治米町1-11-29 FAX:084-954-2822
 <抗議先>派遣先:シャープ株式会社福山工場 住所:福山市大門町旭1番地 FAX:084-943-3600
 <抗議例文>「解雇を撤回し、雇用とくらしをまもれ。希望者を直接雇用しろ」
 「溜め込み利益を使って雇用を継続し、くらしをまもれ」
 <派遣元>螢ャリアシップ 住所:大阪市淀川区西宮原2-1-3 ソーラ新大阪21 18F FAX:06-6398-0200
 <抗議文例>「雇用期間途中切りは法律違反、直ちに撤回し雇用とくらしをまもれ」
(「金属労働新聞」2009年1月20日付)


JMIUの機関紙「金属労働新聞」は月2回(5日、20日)発行中です!(1部100円)